上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
コンフェイタリア・コロンボ(Confeitaria Colombo)は、1894年にオープンした、19世紀ヨーロッパの面影を強く残す、優雅なカフェレストラン
オープン当時はリオデジャネイロ中に、路面電車が走り、セントロ地区は貿易商などの商人が行きかっていました。商人やミュージシャン、芸術家達に愛されたのがこのコンフェイタリア・コロンボで、エレガントなアールヌーボ建築の美しいお店はいつも多くの人でにぎわっていたといいます。

コンフェイタリア・コロンボの内部はベルギーから輸入されたというクリスタルの鏡張りの壁で有名です。イタリアの大理石を使用し、家具はジャカランダ製。1920年にはベルギーのアルベール国王、1968年にはイギリスのエリザベス女王も訪れています。

セントラル地区を散策した際には、ぜひ訪れてみたいこのカフェ。クラシカルな雰囲気ですが、観光客であふれ、ゆったりとしたティータイムを味わうことができます。カリオカの間ではハーブティーなどが有名なこの店ですが、すべてティーパックです。それでも数え切れないほどの種類のティーから選ぶことができます。また、お店店頭のガラスケースに並んでいるスイーツはポルトガルやフランス風。ぜひ紅茶やコーヒーと一緒に味わってみたいものです。2階にはメモリアル・スペース(エスパソ・メモリア)があり、コロンボのロゴ入りグッズを購入できます。

実はこのカフェ、よく見ると入り口が2つあります。これはイギリスのパブのように、パブリック用とサロン用なんですね。パブリックは労働者階層用でサロンは中流階層用。労働社会層用は、メインルームに比べてシンプルなつくりになっています。




Confeitaria Colombo
住所:Rua Goncalves Dias, 32 / Centro - Rio de Janeiro
Tel: 2505-1500
サイト:www.confeitariacolombo.com.br


Exibir mapa ampliado


関連記事
スポンサーサイト
04/24|レストラン グルメ||TOP↑
プロフィール

univerrio

Author:univerrio
リオの日系旅行代理店ウニベル・トラベルのブログです。日本語での観光相談、ブラジル出張やブラジル国内ツアーの各手配、現地ガイドや通訳のご依頼など、なんでもお気軽にどうぞ。メール:ota@univer-rio.com.br オフィスご訪問の際は携帯電話(Tel:21-8847-6172)までご一報ください。 

リオで人気のホテル情報を更新しました!

ホテル周辺地図+おすすめのリンクを追加。
こちらから!

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
カウンター by  SOHO COUNTER
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。